武夷茶茶藝文化



武夷茶芸の手順、総合二十七道、合わせば三九の道。以下は手順の詳細となります: 恭请上座 客を上位に座れ、主人、或は侍茶の者に壺でお茶を注ぐ。 焚香静气 檀香を焚き、静か、かつ穏やかなムードを作る。 丝竹和鸣 民族音楽を奏でることで、客をより一層お茶を楽しめる。 叶嘉酬宾 武夷岩茶を客に見せ。"叶嘉"とは、かの宋の大文豪苏东坡から生み出した言葉、意は”茶葉が美しい”という。 活煮山泉 お茶を入れるには、山の清泉は一番。沸騰し始めた頃まで活火で焚き続ける。 孟臣沐霖 すなわち沸騰した水で壺を洗うこと。孟臣とは、明時紫砂壺を作る職人。今は有名な茶壺の褒め言葉となった。 乌龙入宫 ウーロン茶の茶葉を紫砂壺に入れ。 悬壶高冲 沸騰した水を長嘴壺に入れ、高い所から水を壺に注ぐ、そのほうが茶葉が動きやすい。 春风拂面 壺の蓋で白い沫をすり取って、茶葉をきれいにする。 重洗仙颜 沸騰した水で茶壺の外周を洗う、ただ洗うだけじゃなく、壺内部の温度も高められる。"重洗仙颜"とは武夷山に存在するどある石刻。 若琛出浴 湯飲みを熱い水で洗うこと。若琛とは、清代時名高き湯飲みの職人、今は有名な湯飲みの褒め言葉となった。 玉液回壶 壺で入れたお茶を壺に注ぎ返すことで、お茶の味を沁み込まれる。 关公巡城 繰り返してお茶を湯吞みに注ぐ。 韩信点兵 壺にいるお茶が残りわずかの時、点滴で湯吞みにお茶を注ぐ。 三龙护鼎 杯を持つ時は、親指と中指は側面に、薬指と小指は杯の下にて杯を支え、そのほうが穏便かつ美観的。 鉴赏三色 お茶が杯に入ることで露わになった三つの色を鑑賞すること。 喜闻幽香 岩茶の香りを嗅ぐこと。 初品奇茗 色を見て香りを嗅ぐ、そしてお茶を啜る。 再斟兰芷 もう一回お茶を注ぐこと。宋范仲淹の诗には"斗茶香兮薄兰芷"という句があり、その中で"兰芷"は岩茶に指す言葉。 品啜甘露 心から岩茶を嗜む。"甘露"とは岩茶を指す。 三斟石乳 三度のお茶を注ぐこと。"石乳"とは、元時岩茶の名。 领略岩韵 ゆっくり岩茶を嗜むこと。 敬献茶点 茶菓子を献上、茶の味を壊さないように、塩辛い菓子がオススメ。 自斟漫饮 客任せでお茶を飲んで菓子を味わう。 欣赏歌舞 茶に関する歌や踊りはみんな武夷茶農の生産活動から生まれたもの、友とそれを見て句を唱えるのまた一興。 游龙戏水 一葉の干茶を杯に置き、お茶を注ぐ。干し茶はまるで竜のように、杯の中で舞い上がる。 尽杯谢茶 立ち上がってお茶を飲み干す、茶農に感謝を捧ぐ。 武夷茶艺の中で、演出しやすい手順は18道:即焚香静气、叶嘉酬宾、活煮山泉、孟臣沐霖、乌龙入宫、悬壶高冲、春风拂面、重洗仙颜、若琛出浴、玉液回壶、关公巡城、韩信点兵、三龙护鼎、鉴赏三色、喜闻幽香、初品奇茗、游龙戏水、尽杯谢茶。

連絡先 090-9294-2333 皇御茗(R)茶ネット 版権所有
会社:静岡県沼津市大手町5-7-5 つるかめ仲見世ビル103 郵便番号:410-0801
中国本社:武夷山皇御茗茶叶有限公司 加工場:武夷山天心岩茶精製場 郵便番号:354301